名刺の渡し方でその人の力量や質がわかることがあります。名刺交換は営業においては真っ先に行われ、第一印象がそこで決まることになります。そうしたこともあり、研修などでは名刺交換などが頻繁に行われ、マナーを叩き込まれます。名刺交換のマナーにおいては色々と細かなルール、気遣い、気配りが存在し、それらをさりげなくしていくことで印象を高めていくことができるばかりか、自分をアピールすることができます。アピールする際でも、これみよがしにやるのではなく、あたかも自然に身につけたものであるというようにふるまうことで、好印象を与えることができます。営業とは関係ない、ちょっとしたことでありながらもそのわずかなことが好成績につながっていき、印象のアップにつながります。

名刺を受け取る際、渡す際に押さえたいポイント

名刺を受け取る際に、どのようにつかむかということも大事です。例えば、相手の会社のロゴをつかんでしまうのは失礼であるため、余白のところをつかむことが必要です。目上の人からの名刺は先に受け取らない、相手の目の前で相手の特徴を受け取った名刺に書き込まないといったことをしなければ大丈夫です。渡す際には相手より低い位置で渡す、ポケットから直接出さない、まっさらな名刺を渡すなどの配慮が求められます。相手より低い位置で名刺を渡すというのはあまり気にかけない人も多いですが、忘年会や飲み会などで、グラスを下の位置で合わせて乾杯するように、何事も低い位置で行うようにすることで名刺の時でも自然とそのようにすることができます。こうしたことさえ押さえておくだけで印象が良くなります。

奇抜なデザインよりも渡し方が重要

最近の名刺は顔写真入りのものや色つきのもの、形が普通のものとは違うものなど様々あり、そこで個性を見せる人が多くいます。しかし、印象を良くする、アピールするということはそういうことではありません。渡し方が美しく、自分でもその渡し方をマネしてみたいと思わせるようなものが重要であり、その時点で印象はかなりいいものとなっています。もちろん、名刺に自分のPRや強みを最初から書き込んであるものもあり、そうしたもので印象を良くすることは大いに可能です。ただ、そうしたものに違和感を感じるビジネスマンが多いことも事実です。オーソドックスな名刺であってもアピールすることはできます。そのためには、今やっている渡し方がベストなのかを客観視し、この人の渡し方をマネしてみたいというものを見つけることが大切です。