名刺交換は、多くの場合仕事の席において初対面の方同士でおこないます。つまり、相手にとって自分の第一印象がこの時に決まってしまうと言っても過言ではないのです。交換時に与えた印象で、取引先との関係性の良し悪しや、今後の仕事の成功が左右される可能性も十分にあります。社会人として仕事相手として信頼されたいのはもちろんのこと、できることならこの名刺交換時に名前と顔をしっかり覚えていただきたいですよね。今後の人間関係を良好に進め、満足いく仕事の成果を得るためにも、まずは社会人として恥ずかしくない名刺交換の基本的なマナーを押さえておきましょう。さらに、より良い印象とともに自分のことをきちんと覚えてもらえるような、印象に残る名刺の渡し方のポイントもご紹介します。

まずは基本的な名刺交換のマナーをマスター

まず相手の名刺を受け取る場合は必ず両手で受け取り、会社や名前を指で押さえないように気をつけましょう。「頂戴致します」とお礼の言葉を添えて、軽くお辞儀をするとより好印象です。また、交換の順番に気を配ることも大切です。立場が上の方から行い、交換の際は目下の者が先に名刺を出します。もし同時に出してしまった場合は、相手が受け取ってから受け取るようにしましょう。次に渡し方ですが、相手の差し出した名刺より自分の名刺の高さを下にして差し出しましょう。また、自分が先に受け取るのではなく、相手が受け取ってから自分が受け取ります。さらに、きちんとしたケースから綺麗な名刺を取り出して渡すことも大切です。汚れやシワ、やぶれがあるものは悪印象になるので気をつけましょう。

良い印象を残し名前を覚えてもらうためのポイント

基本的な名刺交換がマスターできたら、加えて好印象を残すポイントを押さえていきましょう。自分の名刺を相手に見えるよう回す時、時計回りに綺麗に回すことで相手に印象づけることができます。この時、苗字だけでなくフルネームで自己紹介をし相手の目を見て渡しましょう。また、相手に興味を持ちお互いの共通点を見つけ印象づけることも重要です。趣味やスポーツ、出身地など、意気投合すれば話も盛り上がり、自分の相手に与える印象もより強くなります。さらに、名刺自体にひと工夫加えるのも有効です。色や形、紙質、デザインにこだわるなど一目でインパクトが残るものにすることで、自然と話題になり印象深くもなります。自分の似顔絵や写真を入れると、後々名刺を見るだけで顔と名前を思い出してもらうきっかけにもなります。名刺交換を習得して、より良いビジネスライフを送ってくださいね。