ビジネスマナーの基本として身につけたいものは、挨拶や電話の応対の仕方ばかりではありません。名刺もビジネスに欠かせないアイテムであり、基本的なマナーが用意されていますので、必ず覚えておきましょう。取引先や商談における交換ばかりでなく、顧客へ一方的に差し出す例もあります。丁寧に差し出せば、他は問われないということはなく、割と気づかないマナーが隠されているため、忘れないようにしたいところです。名刺の渡し方がきちんとできれば、信頼できる人物として評価されます。自分自身の評価だけでなく、会社への高感度も上がります。評判が上がれば今後も取引しようと考える相手に恵まれたり、固定客がついてくれるメリットが生まれます。名刺を受け取った人が周囲の人に口コミで評判を広げてくれる可能性も高まります。

テーブル越しに名刺を渡さないこと

両者が初めから起立した状態で名刺を渡す場合には気になりませんが、お互い、もしくはどちらか一方が着席しているときには渡し方に注意しなければなりません。着席しているとついテーブル越しに渡してしまいそうになりますが、テーブル越しに渡すのはマナー違反になります。相手とテーブル越しに対面しないように起立して回り込んでから、目の前で名刺を渡しましょう。テーブル越しに渡すことにならないためにも、素早く回り込みやすい位置に着席したり、起立したまま待つなどの工夫が大切です。自分の名前や社名、部署名などを発音しながら渡すと相手に覚えてもらいやすくなります。特に難しい読み方の氏名や社名だと名刺を見ただけでは相手が理解しにくいため、言葉にして聞いてもらうことは重要なポイントだといえます。

目下の人物が先に名刺を差し出すのが基本

一般的に、お客様になる相手が目上の立場です。お客様とはお金を払う人のことを指します。目下から名刺を先に渡すのがマナーです。もたつくことなく、素早く渡す習慣を身につけてください。相手から先に差し出されたら素直にそのまま受け取り、申し出るのが遅れた旨を言葉に出して、後から渡すことで気持ちよく交換できるようになります。同時交換するときには右手で差し出して、左手で受け取るようにします。基本マナーは両手で名刺を持つことですが、同時交換時は片手でも許されます。一対一ではなく、複数の人物同士がお互いに名刺交換をするシーンもよくあります。複数の人物に渡す際には、役職の高い人から順番に渡すのが基本です。上司が同行している場合だと役職の高い人とお互いに名刺交換しますので、それ以外の人物で役職の高い人から渡すとよいでしょう。