ビジネスシーンでは欠かすことの出来ない名刺交換ですが、ただなんとなく行っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、名刺の渡し方一つで、相手に与える印象に大きな違いがあるのです。
相手に名刺を渡す時に心掛けたいマナーや自分をアピールするための方法のポイントについて紹介していきます。名刺交換のマナーは、一見すると簡単そうですが、間違って覚えてしまっていると、自分だけではなく、勤務している会社の印象までも悪くなってしまう可能性がありますので、注意が必要です。簡単に出来ることだからこそ、疎かにせずに、しっかりとしたマナーを覚えるようにしましょう。第一印象は、短時間で決まると言われています。一度固定された印象をあとになってから変えるのは容易ではありません。

自分自身をアピールするためのアイテム

名刺交換をするためには、名刺を持っている必要があります。そのため、常に在庫管理はしっかりと行うようにしましょう。そして、相手に渡す時には、自分の名前を言いながら、差し出すようにします。名刺には、漢字で名前が書かれていることがほとんどです。しかし、漢字の読み方は一つではありません。また、最近ではこれまでとは異なった読み方をする場合も少なからずあります。どのような読み方なのかを相手に伝えることにより、相手に名前をアピールすることが出来ますし、印象に残りやすいと言えます。間違っても、「こういう者です」などの曖昧な表現は行わないようにしましょう。意外とこのように言いながら名刺を渡す人は多いのですが、初めて会うという場合には、どのような人なのかが分かってもらうことは出来ません。

デザインにこだわることも大切です

初対面の人と話をするのが苦手、何を話して良いか分からないという場合には、名刺に一工夫するという方法があります。名刺は、勤務先から支給されている物を使用しているという人も少なくありませんが、デザインがシンプル過ぎる、個性が無い場合には、その他の多くの名刺の中に紛れてしまう可能性があります。そこで、可能であれば、自身のオリジナルデザインの名刺を持ってみてはいかがでしょうか。紙質や色、デザインにこだわりを持つことにより、他との違いをアピールすることが出来ますし、白い色の中にカラフルな名刺があれば、それだけでも目立ちます。また、その名刺のデザインについて相手と話しが弾むかもしれません。名刺には、名前はもちろんのこと、イラストや顔写真などを載せるようにしましょう。